F1年間22レースに変更決定

F1年間22レースに変更決定

F1が、年間22レースになることが決定しました。
噂では、年間21レースではないかと言われていました。
オリンピックやワールドカップと並ぶ世界三大スポーツと言われるF1。
これは、世界景気が回復していると考える事ができます。
また、欧州が中心だったモータースポーツが、世界全体に広がっているとも言えます。
F1の視聴者数は、世界で約5億人と言われています。
現在、72億人前後ですから、約6%の視聴者率といえます。
けれど、視聴できない環境の人々も多いと思うので、実質10%ぐらいだと思います。
やはり、ものすごい値ですよね。
日本は、地上放送がなくなったようですけど。

 

現在の19レースから22レースになりました。
インドが除けられ、韓国は、なんとか来年も開催となりました。
オーストリアが復活し、ニュージャージ(アメリカ)とソチ(ロシア)とメキシコで開催される事が、決まりました。

 

アラブでも二箇所開催されますし、南米も同じく二箇所、アメリカも二箇所です。
そして、アジアは、五箇所で開催されます。また、オーストラリアもあります。
つまり、12箇所が、ヨーロッパ以外です。
ロシアや東欧等も多く、西欧の回数は、減っています。

 

これが何を意味するかというと、世界に認められたイベント、モータースポーツという事です。
中国、韓国等では、インド同様苦戦しているところはありますが、中長期的なビジョンで開催しているという感じのようです。