種類別の生命保険の選び方!完全版

種類別の生命保険の選び方!完全版

生命保険は、まず生命保険の種類を知る事が大切です。
生命保険には、簡単に分けても10以上の種類に分ける事ができます。
まずは、生命保険の種類を見てみましょう。

 

生命保険を死亡時の補償も含めて考える際の選び方では、定期保険、養老保険、終身保険があります。
終身保険は、貯蓄を目的としていないので、死亡時の補償や生活費、御葬式の費用などが補償の対象となります。

 

貯蓄も目的とした選び方であれば、養老保険や定期保険がおすすめです。
養老保険は、満期時に生存している場合であっても、死亡している場合であっても保険金が受け取れます。

 

定期保険、養老保険、終身保険は、月々の支払う保険料は満期または一生涯変わりません。
定期保険は、解約返戻金や満期時の受け取れる保険料が無い為、掛け捨てになります。
その代わり、月々の保険料が安く設定されている事が多いです。

 

この3つの他には、生存時や病気や怪我の際の補償をするものがあります。
学資保険や医療保険、介護保険、がん保険、就業不能保険などです。

 

それぞれ、より目的に沿った生命保険の選び方が可能です。
例えば、介護費用の補償を目的とする選び方ならば、介護保険。
子供の学費や貯蓄を目的とするならば、学費保険。
という選び方が可能です。