久しぶりに都心を歩きました

久しぶりに都心を歩きました

検診で、新宿にあるクリニックに朝一番に行ってきました。
今日中にわかる範囲では異常はなかったのですが、
ドクターに運動不足を指摘され、「せめて努めて歩くように」と指示を頂きました。

 

病院が予想外にすいていたため、
終わってから時間が余ってしまいました。
そこで、ドクターの指示を守るべく、渋谷まで歩くことにしました。

 

クリニックはちょうど明治通りと新宿通りが交差するところだったので、
明治通り沿いにぶらぶらと歩きはじめました。
明治通りは歩道が広く、歩きやすい道です。
お天気は快晴、まぶしい位に日の光が降り注いでいます。
昨日までの寒さがうその様に快適な陽気でした。

 

途中のコンビニでお水を買って飲みながら歩いて、
代々木を越えたところで右折、山手線の外側に出て、明治神宮に入りました。
森の中に入るとさすがに少し寒かったですが、
鳥の声が聞こえ、うそみたいに空気が澄んでいて、気持ち良かった。
やはり街中の道とは、歩く時の気分が違いますよね。

 

そのまま岸体育館と山手線の線路の間の坂を下って、
又、線路の下をくぐり、宮下公園に出ました。
実は宮下公園は、整備されてから一回も訪れたことがなかったのです。
山手線の中から、楽しそうにスポーツをしている人たちを見て、
一度見に行きたいと思っていたのです。
まだ、時間が早めだったのでひとは少なかったのですが、
ウォールクライミングやスケートボードの華麗な技を見ることができて、大満足でした。

 

これだけ歩くとさすがに脚が疲れます。
東横線の地下ホームにたどり着くのが、いつもにまして辛かった。
本当に、なんであんなに無駄に歩かせるんだろう?